うちで子供に田舎のレクリエーションを積み増しさせる事は貴重な過去となる

休暇は私の実家であかす事が多いです。私の実家は海と山野に囲まれていてコンビニエンスストアは自動車で30分の場所にいる超ド地方だ。小児に位は山野でアケビやの野イチゴを取ったり虫受けとりしたり、海で泳いだり釣りをしたりして遊んでいました。目下いるところはディーラーが多くありとても栄えている地点なので、子供たちの娯楽も公園で遊ぶか家で本番するなど娯楽が限られてしまっています。周りの子どもも同じなのでそれでも良いとは思いますが、できれば地方でとれるいっぱいの娯楽をトライさせたいと願い実家に連れていっている。小児も実家がお気に入り。小エビを餌にして釣りをトライさせると、初出来事ながらメバルを釣り小児は大幸せでした。魚嫌いの小児でも自分で釣った魚はうまいみたいでした。山野では虫受けとりをしました。最初は虫を怖がって逃げていましたが、徐々に手で掴めるようになりました。トンボやバッタを虫かごいっぱいに捕まえてハピネスそうでした。最後は野放しに帰してやるのですが儚くなったのか少し泣いていました。大都市では見られない子供たちの生き生きと遊ぶ見てくれはとてもいいものです。そしてもう一つの小児の楽しみはおばあちゃんからのおへそくり。小銭をもらってうれしそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です