はちゃめちゃな高校時代の思い出。

私の通っていた旧制中学からある創立70年を超える学校で昔は県内でも進学校という位置づけでした。
校風も自由でした。私が通っていたころには進学校とは言えないぐらいに落ちぶれた学校になっていました。
それでも、少し頑張れば入れる私服の学校でしたので、一定の人気はありました。
優秀でもなく、かと言っておバカでもなく、という中途半端な位置づけの集まりでしたので、はちゃめちゃでした。
男女共学の私服高なので、通学時ファッションには気を使いました。
特に女の子は次の日に同じ服装ともいかないので、大変だったようです。
そんな学校なので、街中のショップでバーゲンがあったりすると、生徒の1/3が平気に遅刻して来たりしてました。
さらに、傍から見ると大学生と変わらないので、酒やタバコもやっている人もかなりいました。
私も1年生のときの新入生歓迎コンパ時期がちょうど花見シーズンと重なり、ちょっと遠出をして酒盛りもしてました。
あとは、パチンコに興じる人も少なくありませんでした。
中には先生に見つかり、「出玉を俺に渡すなら今回は見逃してやる」なって人もいました。
現在の平成時代ではありえないことがたくさんありました。
その中では私は、市街地から離れたとこに住んでいたので、かなり地味な高校生活を送っていました。
自由すぎた高校生活だったので大人になってからかなり苦労しています。わたしのきまりを体験レビューしちゃいます!